コンサドーレ ユニフォーム

コンサドーレのユニフォームは、1998年にコンサドーレ札 幌がJリーグに加盟してから以降も年々変更を重ねていきました。コンサドーレ札幌のユニフォームは、FPファーストは赤黒縦縞のシャツに黒のパンツ、FP セカンドが全て白の、GKは全て黒のパンツで、シャツの色としてはファーストは黄色で、セカンドが緑、サードがグレーです。

歴代ユニフォームサプライヤー

コンサドーレ札幌のこれまでのユニ フォームサプライヤーは、1996年から1998年までがプーマで、1999年から2005年までがアディダスでした。そして2006年からはKappa になりました。コンサドーレ札幌のユニフォームカラーであるおなじみの赤黒縦縞。この赤黒縦縞は、コンサドーレ札幌の前身だった東芝サッカー部のユニ フォームから引き継がれていてる伝統なんです。ACミランにあやかって変更したとのこと。一時期、この縦縞が省略された時期があったのですが、コンサドー レサポーターの抗議が起こって、サプライヤーがアディダスからKappaに変更され再び復活した経緯があります。赤黒の縦縞イコールコンサドーレ札幌とい うのは、全国のサッカーファンに定着しているのです。このユニフォームの赤黒縦縞は他のチームのサポーターからも「かっこいい」と言われているぐらいで、 サポーターにとっては愛着があるのでしょう。

なかなか見つからないコンサドーレのユニフォーム

コンサドーレのユニ フォームは、探してもなかなか見つからないという声が多いようです。サッカー専門の 札幌ステラプレイス4Fの店、首都圏ではadidasのアウトレットや、幕張のガーデンウォーク、南大沢のまたはラフェット多摩、といったところで販売さ れていますが、一番手っ取り早い方法としては、ネット通販のサッカーユニフォームの専門店で購入することでしょうか。ネット通販では買うことのできないお 値打ち品があったりします。また、ネットオークションで探してみるのもおもしろいかも知れません。ネットオークションでなら、コンサドーレのユニフォーム が格安で手に入る可能性もあります。yahooオークションサイトでは、コンサドーレのユニフォームが時々出品されているのです。しかも驚くことに、中に はレプリカでない選手実着用のユニフォームも出てきたりするようなので、コンサドーレのサポーターなら今後はオークションにも注目ですね。ただし、ネット オークションは悪質な偽物が出回っているので、十分に注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す