クーラー 掃除

暑い夏がやって来る前、ジメジメとした梅雨の時期になると「そろそろクーラーの電源を付けようかしら…」と思われる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

一年間全く使っていなかったクーラーだけに「やっぱり掃除をしなきゃ!」とクーラー前面の蓋を開け、フィルターを取り出し、洗浄剤でゴシゴシと洗ってホコリを落とし「掃除完了!」。

きれいで涼しい風が流れてくるはず…が。何だかカビ臭さを含んだ異臭がクーラーの中から流れてくる…。フィルターの洗浄だけではこんな事態が永遠に続きます。

冷却フィンの汚れの除去が大切

ガソリン代や食材の値上がりで家計は大打撃。「クーラーの掃除ぐらいは自分で…」と思われるでしょうが、なかなかうまくいかないのが現状です。フィルターの奥には分解しないと現れない冷却フィンがあります。空気を冷たくするクーラーの要ともいう存在。

この冷却フィンにタバコの煙やホコリなどがたまって汚れていると、いくらフィルターを洗っても冷却フィンから送られる汚れた空気が再びフィルターを汚してしまう…という悪循環が繰り返されます。せっかく額に汗した努力がすべて水の泡となってしまうのです。

きれいでさっぱりは…専門業者に

クーラー内部にある冷却フィンをきれいにするには、やはり専門業者にお願いするのが早道です。クーラーの分解や特殊な洗浄液を使うため、個人で掃除するには少し無理があるでしょう。専門業者への代金は約1万円ぐらいが目安。「1万円なんて…高い!」と思われるでしょうが、冷却フィンの洗浄によりクーラーの寿命が約2~3年は長くなります。また、冷却効果が上がるので設定温度を下げることなく電気代を上手に節約できます。さらに、短時間で部屋の温度を下げることも!。地球環境にもやさしいクーラーの掃除をお勧めします。

スポンサードリンク

コメントを残す