ドル安 メリット デメリット

ドル安のメリットとドル安のデメリットについて、一喜一憂している人も多いですねー。最近は、TV等でも大和生命保険が破綻したと報道されていまし たが、2001年の東京生命保険以来7年ぶりの生命保険会社の破綻だそうです。生命保険会社の破綻は、これで戦後から8社目になるようです。この場合は、 ドル安のメリットとドル安のデメリットのケースで考えると、ドル安のデメリットです。昨夏に、アメリカで住宅融資(サブプライムローン)問題が表面化して から、世界の金融市場が大混乱になっていますね。ドル安はすなわち円高のことですから、輸出企業にとっては自国の通貨は安くなったほうが業績のかさ上げが できて有利になります。逆に、輸入企業は自国の通貨は高くなったほうが業績のかさ上げができて有利になります。立場の違いで、ドル安のメリットとドル安の デメリットは大きく違います。ドル安のメリットとドル安のデメリットのケースを輸出メーカーで考えると。例えば、輸出メーカーの場合、1ドル=100円が 1ドル=70円になると、1万ドルの輸出代金が100万円から70万円に減ってしまいますね。このケースは、輸出すればするほど損になるドル安のデメリッ トです。ドル安のメリットとドル安のデメリットのケースを輸入企業で考えると。今までの100万円で買っていたものが、ドル安によって70万円で買えるよ うになるから、ドル安のメリットで大儲けになりますね。

ドル安のメリットとドル高のデメリット

ドル安のメリットとドル高のデメリットを個人的なケースで考えるとどうでしょう? 例えば、貴方が今まで1ドル=100円で5000ドルのバックを 買ったとすると、支払代金は50万円になりますね。でも、ドル安の1ドル=80円の時に同じ値段のバックを買うと、支払代金は40万円になって、10万円 も得します。これはドル安のメリットのケースです。逆に、ドル高で1ドル=150円の時に同じ値段のバックを買うと、75万円も代金を支払うことになりま す。これは、ドル高のデメリットのケースになりますね。個人的に、海外から購入する時は、ドル安のメリットとドル高のデメリットを考えることは大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す