派遣社員 職務経歴書

派遣社員の職務経歴書とは、自分をアピールする重要な書類です。履歴書には一定の書式がありますが。職務経歴書の書式は一定ではないので、書式につ いて戸惑う人も多いと思います。特に、派遣社員の場合は、即戦力を求められる場合が多く、職務経歴書に書いてある仕事内容で判断されます。派遣社員の場合 には一般社員の職務経歴書よりも、経験した仕事内容を詳しく書くことがポイントです。次に、派遣社員の場合の職務経歴書を書く場合のポイントを紹介しま す。①履歴書と職務経歴書の、入退社履歴や仕事内容に食い違いがないか、チェックしましょう。履歴書には、職歴だけでなく経験した仕事内容の概略を書いて おく、職務経歴書の方で具体的に書くのがポイントです。②派遣社員の場合の職務経歴書を書く場合は、正社員やアルバイト等の雇用形態に関係なく、経験した 仕事と経験年数を具体的に書くのがポイントです。③派遣社員の場合の職務経歴書で大事なことは、経験した仕事内容と資格等で、自分をアピールするのが目的 です、社名とその在籍期間、所属部署と職種を明確に書きます。④どのような仕事をどのくらいの期間経験したかは具体的に書きます。

派遣社員の職務経歴書と資格

派遣社員の場合の職務経歴書の場合には、相手に自分をアピールすることが大事ですから、職歴や仕事内容が乏しい時は、取得資格や社内表彰などでア ピールします。派遣社員の職務経歴書に取得資格を書くことは大事なことです。資格を持っていても、仕事経験とスキルとは関係ありませんが、最低の基礎知識 は持っている証明になります。仕事関係の資格は全部書きましょう。趣味の資格は、社会的にレベルが高いのは良いですが、カルチャースクール程度の資格は、 書かないほうが良いかも知れません。仕事より趣味に夢中の人と勘違いされますから。只、圧倒的な一流の国家資格を持った上での、趣味の資格であれば、幅が 広い人だと判断されて評価は高いと思います。派遣社員の職務経歴書に書く資格は、OA関係・経理関係・秘書検定・語学関係があります、当然、国家資格→公 的資格→業界資格の順に評価も下がりますので、出来るだけ上位資格を取得しておくと有利です。

スポンサードリンク

コメントを残す