ハロウィン 豆知識

今のハロウィンの本場はどこでしょうか? ハロウィンの豆知識①今では世界の中で、古代の方法で、ハロウィンを祝う国はアイルランドだけではないか と言われています。ハロウィンの正確な日程は、10月31日~11月2日です。11月1日がキリスト教の万聖節で、次に、それを祝う前夜祭から2日までを ハロウィンと呼んでいます。ハロウィンの豆知識②本場のアイルランドでは、10月最後の月曜日は祝日となっているようです。また、10月最後の月曜日か ら、11月2日までは、ハロウィン休日ということで、学校が休みになります。日本では古くからの行事で学校が休みになることはないですね。欧米での、お化 けの季節はハロウィンの時期になります。ハロウィンの豆知識③この時期は、欧米のTVや映画でもお化けや精霊のお話がたくさん放映されます。

ハロウィンには、どうして仮装する?

ハロウィンには、どうして仮装するか?の紹介です。日本のお盆は先祖だけが帰ってきますね。ハロウィンの豆知識④ハロウィンでは、死者の魂と魔物も やってくるそうです。ハロウィンの豆知識⑤その為に、魔物と同じ格好をして、魔物に魂を取られないようにしたのが、仮装の始まりと言われています。昔か ら、幽霊・魔女・コウモリ・ゾンビ・魔神・ドラキュラ・フランケンシュタインなどの怪奇的な仮装をするのが主流です。ハロウィンの豆知識⑥現在では、怪奇 的な仮装といっても、小悪魔のような可愛いらしさの残る仮装が多いようです。欧米では宮崎アニメが人気なので、最近では『魔女の宅急便』に出てくる魔女や 黒猫の仮装をする、子供たちも多いそうです。欧米も古い伝統を守り続けるのは難しそうです。

ハロウィンには、どうしてかぼちゃのお化けか?

ハロウィンの豆知識⑦ハロウィンのカボチャは、(ジャック・オー・ランタン「ジャックの灯り」)と。言います。ハロウィンの豆知識⑧(ジャック・ オー・ランタン「ジャックの灯り」)は、悪霊を怖がらせて追い払う為に作って飾っています。本来は、「カブ」をくりぬいた中に蝋燭を立ててランタンを作っ ていましたが、アメリカの移民たちが、作りやすいカボチャを使い始めて、アメリカで広まったことから、現在ではカボチャでランタンを使って作るようになり ました。当然、昔ながらの「カブ」の「ランタン」もあります。

スポンサードリンク

コメントを残す