養護老人ホームとは

家庭での介護に直面している人もそうでない人も、いずれは無関係でなくなる家族の老後の問題。ひとくちに老人ホームといっても、現在は様々な特色を もつ施設がある。その中でもよく耳にする養護老人ホームとはどんな所なのだろう。まず養護老人ホームの入所基準だが、年齢は65歳以上(事情により60歳 以上で入所できることも)、精神及び身体上、また環境や経済上の理由で家庭での介護が難しい人…というふうに定められている。
特別養護老人ホーム の場合は、重度の認知症やいわゆるねたきりのひと、そして所得が高い人は対象外となってしまう。逆に養護老人ホームの入所基準から外れてしまった人も、こ れもよく聞く「特別養護老人ホーム」なら入所対象になるのだ。詳しい基準は各都道府県で定められおり、申し込みは各施設ではなく市町村の介護保険窓口に行 うことになる。

養護老人ホームの設備とケア

では、養護老人ホームではどんなケアが受けられるのだろう?長い期間そこで過ごすのだから、施設によって設備にバラつきがあるのは不安…と利用者や 家族なら思うはずである。しかし、養護老人ホームの運営者が事業計画を立て開設の申請をする際、一定の施設基準を満たしていなければならない。たとえば居 室のほかに、面談室、医務室、食堂、集会室機能訓練室(リハビリを受ける部屋)などが、定められた基準以上の広さで用意されていることが条件なのだ。ス タッフも、医師、看護師、機能訓練指導員、栄養士、生活相談員など専門職の配置が義務付けられている。ちなみに居室は、2~4人が一緒に過ごす相部屋のと ころもあるが、利用者のプライバシーに配慮して個室化が進んでいる。また、人間関係が構築されやすいように、入所者を少人数のグループに分けてケアする 「ユニットケア」というサービスを行う養護老人ホームも増えている。認知症が進行すると人の顔や名前を忘れてしまうような場面も増えるため、「顔見知り」 ができにくくなってしまう。こうした高齢者にも他人が認知されやすく、寂しくならないよう配慮されているのだ。

養護老人ホームの費用

養護老人ホームに入居するための費用も気になるところである。前述したように養護老人ホームは所得が高いと入れないわけだが、利用者本人や利用者の 家族に所得がある場合は、その所得額に応じて市町村が金額を設定する。少ない場合、まったく無い場合は公費でまかなわれるということになる。個性化が進む 特別養護老人ホームと比べてしまうと地味な印象はあるが、低所得でも一定のサービスが受けられる養護老人ホームの存在は、困難な状況下で介護生活を送る高 齢者や家族にとってなくてはならない存在といえるだろう。

スポンサードリンク

コメントを残す