出光 ガソリンスタンド

ウルトラマンのCMで有名な、出光。

赤色で、ギリシャ神話の太陽神”アポロ”をイメージした「アポロマーク」が描かれているガソリンスタンドは、昔も今もあちこちで見かけます。

2006年3月に明朝体から英文のロゴに変更。アポロマーク、社員の制服も変更、非上場の大企業でしたが、同年10月出光は、東京株式に一部上場。さらに大きな大企業として今も日々成長しています。

そんな出光。

本社は東京都。精油所は全国に4箇所。北海道、千葉、愛知、山口。

そこから全国のガソリンスタンド約5300店舗に供給されています。
進化する出光のガソリンスタンド
近年、原油の価格高騰による、客離れで、元々ガソリン+車の洗車や点検等のサービスを行ってもらうガソリンスタンドは

人件費削減をして、なるべくやすく上げようとする、セルフスタンドに変化し始めました。

ガソリンスタンドでは、危険物取り扱いの資格を持っていれば、時給も高くなり、雇用して貰いやすくなると、工業科の学生はよくガソリンスタンドでアルバイトしたものですが原油の価格高騰はいろいろなところに、響いているようです。

もちろん出光も、同じ不況に立たされていると思います。しかし、いろんな工夫を得て、顧客を獲得しているガソリンスタンドもあるようです。

北海道にあるガソリンスタンドでは、ローソンが併設、又、銀行ATMを完備しているところもあり運営権は出光自体にありませんが、給油を待っている間に一息という、顧客への心配りが配慮されています。同様にコンビニと併用しているガソリンスタンドは多く、近年ではセルフスタンドにもカフェを設立した所もあり、この要領の良さは、まさに大企業出光のなせる技でもあると言えます。

地域への支援はもちろん、エコへの活動もガソリンスタンド共々行っている出光は、今後もさらなる飛躍を遂げる大企業になっていくと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す