位牌 種類

位牌の種類は、形状と機能により板位牌と繰出位牌の2種類に分類することが出来ま す。更に板位牌には、塗り位牌、唐木位牌、白木位牌の3種類があります。塗り位牌は漆や金箔が施された種類のもので、唐木位牌は素材が黒檀や紫檀などの銘 木によるものです。白木位牌は、塗装のない白木地のままの種類の位牌のことをいいます。葬儀の際に用意するのはまず白木位牌ですが、これは仮のものなので 四十九日の法要を終えたら、お寺様に納めます。仏壇に祀るのは、塗り位牌、唐木位牌のどちらかの種類に作り替えたものになります。また繰出位牌は、屋根と 扉が付いて中に6~10枚の薄木の板が収納されている種類の位牌です。古い位牌がたくさんある場合など、この種類の位牌はひとつにまとまるので便利です。

位牌の意味

なぜ、忌明けの四十九日の法要までは白木位牌を祀るので しょう? これは「人は死して四十九日間は行き先が定まらない転生の期間である」という考え方からきています。人はこの四十九日の法要までに、来世での姿 が決まるとされているのです。つまり白木位牌は四十九日間だけの仮の位牌で、転生したとされる日四十九の法要をもって、本位牌である塗り位牌か唐木位牌の 種類に作り直すというのが習わしとなっています。本位牌を選ぶときは故人に合わせた種類の位牌を作り、祀ってあげたいものですね。ちなみに塗り位牌は「三 方金」「面金」「総金」と、どこに金箔を施すかで種類がわかれます。金箔ではなく、金粉で仕上げた種類の位牌もあり、その場合は「三方粉」「面粉」「総 粉」と呼びます。

スポンサードリンク

コメントを残す