ジブリ都市伝説

となりのトトロの都市伝説

ジブリの都市伝説はいろいろ噂が流れ有名となっていますが、その中でもジブリの名作であるとなりのトトロもジブリの都市伝説としてはいろいろ噂されています。どういうのがあるのか紹介しましょう。

まずは、さつきもメイもとっくに死んでおり、生きていたらきっとこんな風だろうという父親の願望だということ。さつきとメイがトトロと一緒に木の上でオカリナを吹いているシーンをご存知でしょう。父親がチラッとその木を見て満足したように机に向かう姿が父親の願望そのものだということなんです。
その他にも田舎に引っ越してくる前に2人はすでに死んでいたという噂もあり、ジブリの都市伝説はどこまで広がるのだろうかと思います。

また、さつきとメイがすでに死んでいるというジブリの都市伝説を裏づけるものとして、話の後半にもなるとさつきとメイの影が消えているのでこの時からさつきとメイはこの世のものではないとしています。その他に母親の台詞で「今、あの木のところでさつきとメイが笑ったような気がした」というところがありますが、面会していないし母親には姿が見えていないというのもおかしなものでこの台詞じたいが生きている人間に対して言う言葉でないとしています。

あのかわいいトトロも実は死んだ人や死が近い人にしか見えないもので、メイが行方不明になってさつきは探しに行くがその時にさつきはトトロに会っているのです。なのでメイを追いかけて、さつきも死んでしまったということになり、子供達が大好きなあの猫バスもあの世へ行く案内人であり人の魂を運んでいるという恐ろしいものだったのです。ジブリの都市伝説ではこういったのがありますが、トトロも猫バスも子供達は大好きなので、ジブリ側は否定しているようですが実のところはどうなのだろうと思います。
ジブリ都市伝説 風の谷のナウシカ
大人気のアニメ、風の谷のナウシカですが、このジブリの都市伝説はなんとこの話の舞台は火星だというのです。話の中に出てくる表現そのものが火星のことを意味しているというのです。そして風の谷というのは火星の竜巻のことだとも言われています。
ジブリ都市伝説 千と千尋の神隠し
長編アニメとして大人気の千と千尋の神隠しですが、このジブリの都市伝説はこの話の舞台となったのが実は娼婦の館だというのです。わかりやすくいうとソープランドのことです。客としている神は男を意味し、千尋が湯女として働いていたのでこういうジブリの都市伝説が生まれたのでしょう。
ジブリ都市伝説 天空の城ラピュタ
名作である天空の城ラピュタにもジブリの都市伝説があります。なんとエンディングが2つあるというのです。1つは通常のものでもう1つはエンドロールの後にシータの故郷にバズーが送って行ってそこで握手をして別れるというシーンがはいるのです。もしかして観た人もいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す