株 暴落

株が暴落しています、先進国を含めた世界中の市場が混乱しています。現在のような相場は、1929年の大恐慌以来だと思っている人がおおいようで す。銀行や証券、不動産などの金融市場も危機的状況に陥っています。「ドル」だけでなく「ウォン」も「プラチナ」も「豪ドル」も「投資信託」も「ユーロ」 も「マンション」も「不動産」も「インド株 」等、なんでもかんでも暴落です。先日は、大和生命保険が、更生特例法の適用を申請しました。大和生命破綻は2001年の東京生命保険以来7年ぶりで、生 命保険会社の破綻では戦後8社目になるそうです。アメリカのサブプライムローン問題から、世界の金融市場が大混乱になっています。株の暴落では、人それぞ れの対応の仕方があると思いますが、投資に対しての考え方には大きく2通りがあると思います。①株が暴落しているので、落ち着くまで買わない。②株価暴落 はチャンスだから、今こそ買うべき。どっちの考え方が良いのでしょうか?

株の暴落が落ちつくまで

現在では、株の暴落だけでなく証券や投資信託や不動産などの金融市場も大混乱に陥っています。このような時は、こまめに相場を見る時間が余りない人 や、こまめな投資判断が出来ない人は、落ちつくまで休止するほうが良いかもしれません。株の暴落もいつかは落ち着きます。休止する作戦にして、リスクが納 まってから再開すれば良いのですから。下降した後は上昇するしかありません、それまで我慢することも必要ですね。

株の暴落はチャンス!?

株の暴落はチャンスだと考えている人も多いはずです。市場の読みが鋭い人は、株が暴落や高騰をする時こそ、チャンスだと考えていると思います。その ような人は、今はワクワク状態でしょう。「ドル」も「ウォン」も「プラチナ」も「投資信託」も「ユーロ」も「不動産」も、いずれ上がります。上下の振幅幅 が大きいと、儲けも大きいけれども、損も大きいですね。安値で買って高騰すれば大儲けですし、高値で買って暴落すれば破産です。この時、読みが鋭いか、鈍 いかは、「どこからが安値なのか」を見極める力です。現在の株価は半年前からは、30%位の安値になっています。世界各国の政府は必死になって、市場の安 定化を進めています、チャンスは目の前にあります。どのタイミングで買うかは腕の見せところですね。

スポンサードリンク

コメントを残す