鴨チュー

鴨チューとは、三条大橋と四条大橋の区間の川岸で、男女カップルがキスをすることを呼ぶようです。この区間は、繁華街から近いことから、多くの人が たたずむ場所になっています。週末の昼下がりから夜にかけての、三条大橋と四条大橋の区間の川岸には、男女のカップルやグループ等多くの人達が集まりま す。鴨川でチューする、鴨チューは若者の間で通用する言葉で、中高年や年配者に通じる言葉ではなさそうです。

鴨チューは鴨川で

鴨チューの川は、京都市を流れる一級河川の鴨川になります。この川の基点は、京都市北区雲ヶ畑の出合橋付近です。出合橋付近で、雲ヶ畑川と中津川と が合流して、鴨川になります。鴨川上流には、オオサンショウウオが棲んでいるのを知っていましたか? オオサンショウウオは特別天然記念物の大きな両生類 で有名ですね。大雨の後などには、京都市街まで流されてくることがあるようです。川岸のカップルが、オオサンショウウオを見ながら、鴨チューもありえます ね。1974年頃から、10月下旬~5月上旬ごろまで、ユリカモメが毎日鴨川まで通って来ているそうですよ。鴨チューを見るためかも!

三条大橋の近くで

鴨チューは、三条大橋と四条大橋の間の川岸での、男女のカップルのチューですね。三条大橋は、鴨川にかかっている、東海道と中山道の終点です。三条 大橋が架けられた時期は分かりませんが、豊臣秀吉の命により改修された記録があるそうです。現在の三条大橋は、1950年に作られました、歩道+車道2車 線のコンクリートの橋です。もう、50年以上も鴨川に架かっている橋なのですね。鴨チューで有名な橋には、弥次さん喜多さんの像があります。また、この三 条大橋から駅伝がスタートしたそうです。三条大橋の東側には、勤皇思想家の、高山彦九郎像があり、待ち合わせスポットになっています。ここで待合せをして 鴨チューですね。

四条大橋の近くで

鴨チューは、四条大橋と三条大橋の間の川岸での、男女のカップルのチューですね。四条大橋は、四条河原町と祇園と繁華街を結んでいます。人通りの多 い橋で、川端通との交差点付近には出雲阿国像があります。四条大橋上では延暦寺の托鉢僧の姿が見られます。三条大橋の高山彦九郎像のように、四条大橋の出 雲阿国像も待ち合わせスポットになっているのでしょうか。ここで待合せをして、鴨チューですね。

スポンサードリンク

コメントを残す