慶次郎縁側日記3

『慶次郎縁側日記(けいじろうえんがわにっき)』は、小説新潮に連載された北原亞以子の連作時代小説です。2004年からNHK金曜時代劇でテレビ 時代劇化されました。元八丁堀同心の森口慶次郎が、江戸の町で起こる様々な事件を鮮やかに解決していくストーリー。その後シリーズ化されて、2006年 10月12日から12月21日に第3シリーズとなる『慶次郎縁側日記3(全10話)』が放送され、評判のうちに終了となりました。

慶次郎縁側日記3のあらすじ

慶次郎縁側日記3の始まりは、第2シリーズから2年後です。根岸の寮番(別荘の管理人)で、元八丁堀同心の森口慶次郎。初夏のある夜、慶次郎は「お まえが憎い」と叫ぶ男に襲われ負傷します。 事件はお馴染みの仲間たちの協力で解決するのですが、慶次郎はふと思いました。「人は人を本当に救えるのだろうか?」と。慶次郎縁側日記3のテーマは、 「果たして、人は人を本当に救えるのだろうか?」です。『どんな人にも情けを』の考えを持つ仏の慶次郎ですが、この事件を調べを進めるうちに「果たしてそ れで本当に良かったのか」と悩みます。

慶次郎縁側日記3の出演者

慶次郎縁側日記の出演者は、主演の森口慶次郎(もりぐち・けいじろう)に高橋英樹。南町奉行所の定町廻り同心で慶次郎の養子・森口晃之助(もりぐ ち・こうのすけ)に比留間由哲。晃之助の妻・森口皐月(もりぐち・さつき)に安達祐実。 上野不忍池を臨む料理屋「花ごろも」の美しい女将・お登世(おと せ)にかたせ梨乃。酒問屋「山口屋」の根岸の寮の飯炊き・佐七(さしち)に石橋蓮司。シリーズを通した慶次郎縁側日記3までのレギュラー陣に上手い役者を 揃え、NHKならではの贅沢な作りのドラマとなっています。

慶次郎縁側日記3のDVD

慶次郎縁側日記3のDVDやビデオ化の予定は、残念ながら今のところはありません。第1シリーズ分のみが全3巻にて販売となっています。『慶次郎縁側日記 DVD全3巻(各巻税込4935円で、全10話・オリジナル映像収録)』

スポンサードリンク

コメントを残す