蛍光灯 安定期

最近めっきり白熱灯を見かける機会が減りました。従来白熱灯を利用してい たところには電球型蛍光灯が使われています。安定期をご存知ですか?蛍光灯の店頭には安定期と点灯管が必要です。蛍光灯は管内にある物質を放電させ紫外線 を発行することにより光るしくみです。ただ電流を流すだけでは光が安定しないため、蛍光灯と安定期をセットで使い電流を安定させるのです。蛍光灯は安定期 のおかげでちらつきの少ない安定した光を出し続けることができます。蛍光灯の点灯方式は一種類ではなく、蛍光灯と安定期、点灯管が揃って点灯できる方式と 安定期の中に点灯管の機能が含まれており蛍光灯と安定期のみで点灯が可能な方式のものがあります。いずれの方法にせよ蛍光灯は安定期とセットになるものな のです。

消え行く安定期

蛍光灯と安定期がセットで点灯することはわかりました が、皆さんは安定期を見たことがあるのでしょうか。実は蛍光灯の陰に安定期は隠れているのです。点灯機器の場合、蛍光灯の奥に安定期が内蔵されているパ ターンがほとんどです。方式によってはかなり大きな安定期を使う場合もあります。そこで最近は安定期不要のインバーター式という点灯方法が主流になりつつ あります。電流を高周波にし、省エネルギーかつ安定した周波数のおかげでちらつきが減る方式です。インバーター式蛍光灯の機器が増えてきて蛍光灯と安定期 がセットでなくなる時代がやってきました。安定期はこれからどんどん姿を消していくのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す