栗 ゆで時間

栗のゆで時間を少しでも短くするには、ゆでる前の下ごしらえが大切です。拾ってきた栗であれば、風通しのよい涼しいところで2~3日寝かしておいて、適度に干しましょう。
買ってきた栗であれば、すぐ料理に使えます。栗は、ゆでる前に半日くらい水につけておく(一晩くらいがいいでしょう)と、皮がやわらかくなって、皮をむきやすくなります。

栗をゆでる。

いよいよ栗をゆでます。まず、鍋に栗を入れ、鍋に栗が浸る程度の水を入れます。ここで、塩を加えると、味がよくなります。
大切なのは、水か らゆでることです。栗のゆで時間は、栗の大きさや料理の仕方によって調整します。小さめの栗なら20分程度、大きめの栗なら40分程度です。「栗にゆで過 ぎなし」という言葉があるように、栗はゆで時間が多少長くなっても、栗のポクポク感は変わりませんので、大丈夫です。

 

栗は中火でゆで、沸騰したら数回栗をかき回しましょう。
栗がゆで上がってもすぐには取り出さず、鍋のお湯が冷めるまでそのまま浸しておきま しょう。栗をゆでた後もしばらくそのままにしておくことでアクが抜けます。もしも、栗がゆで上がってからすぐに取り出してしまうと、皮がむきにくくなり、 パサパサしてしまいます。ですから、栗を料理する時には、ゆで時間とゆで上がった栗を冷ましておく時間を計算に入れておきましょう。

 

栗が冷めたら取り出します。渋皮煮や栗ご飯にするのであれば、ゆで時間は3分ほどでも皮は十分にむけます。

時間短縮の裏技は圧力なべでさっと!

栗をゆでて料理するのに1時間近くもかける時間がない、というあなた。圧力鍋で栗をゆでることをオススメします。
圧力鍋での栗のゆで時間は、わずか5分程度。この時も水からゆでてください。あと、ゆでた後は栗を冷ましましょう。
圧力鍋でゆでた栗はゆで時間が短くて、ぱさつきがないしっとり感の中に甘みが凝縮されて、とても美味しいですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す