神奈川県 教員採用

神奈川県で教員になるために必要なのは、教員免許。そしてさらに神奈川県が行っている教員採用試験に合格する必要があります。この教員採用試験には公立学校の場合と私立学校の場合では若干の違いがあります。近年が教員志願者が増加している現状や、人物を重視する傾向もあり、教員試験の内容はかなり複雑になっているので、神奈川県で教員採用を目指す人は常に最新の情報を入手していかなければなりません。

教員採用試験とは?

とりあえず神奈川県を参考にして調べました、教員採用試験は7月~9月期間でした、どういうわけか資格試験は夏場が多いような気がします。試験は、一次試験が教養試験と専門試験と論作文試験、それに面接試験だそうです、これ、1日でやるのは忙しいですねー二次試験が適性検査と面接試験と実技試験だそうです、実技は泳いだり、ピアノ弾いたり、絵画したり、いろいろありますねー。

神奈川県に限らず、全国でも同じような教員採用試験が実施されているとは思いますが、夏は先生の卵の熱い戦いですね。

先生の種類は?

神奈川県を参考に調べた概略ですが、小学校・中学校・高校・特別支援・養護教諭がありました。選考には一般選考と特別選考があるそうです、一般選考というのが教員採用試験を受験して先生になる普通の試験でしょうか。

特別選考は元先生や民間企業や官公庁の社会人経験者、そして青年海外協力隊や海外の国際貢献活動がある人など、また、スポーツや芸術分野で優秀な実績がある人等を対象にした試験みたいです。特技があって先生になりたい人は教員採用試験に挑戦もありますね。

スポンサードリンク

コメントを残す