布亀 救急箱

自宅に常備薬をそろえている人は多いのではないでしょうか。けれどもちゃん とした救急箱を持っている人は思いのほか少ないかもしれません。薬は消費期限がありますし、普段使う薬があればいい・・・と思っている人が多いからでしょ う。布亀の救急箱を知っていますか?俗に『置き薬』といわれるシステムの救急箱です。「自宅に救急箱はないけど、勤務先の会社の事務所にあるよ」という人 は置き薬のお世話になっているかもしれません。思いのほか置き薬は会社などに浸透しているのです。あなたも知らぬ間に布亀の救急箱にお世話になっているの かもしれませんよ

布亀の救急箱は便利なシステム

『置き薬』は江戸時代から130年近く 続く伝統的な常備薬のシステムです。『富山の薬売り』として各地を定期的に巡回して薬を販売するシステムが元になっています。布亀の場合、救急箱と常備薬 一式がはじめに設置されます。その後は定期的に布亀のスタッフが救急箱の中身をチェックしに訪問するようになります。スタッフがチェックするのは使用した 薬があるか、期限切れの薬がないか、などです。利用者は布亀に救急箱から利用した薬の料金のみを支払うことになります。布亀の救急箱は会社はもちろん、一 般家庭でも設置可能です。「常備薬を一式揃えたいけど、使わないうちに期限切れになるのがいやだな」「常備薬の買い置きをうっかり忘れていたら急に具合が 悪くなっちゃった」などという心配がなくなるのが、布亀の救急箱などの置き薬でもっとも重宝なところです。

スポンサードリンク

コメントを残す