連続テレビ小説『あまちゃん』に出てくる「まめぶ」のレシピ

まめぶ汁(まめぶじる)は、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』に登場した郷土料理で、岩手県久慈市山形町や九戸郡で食されている郷土料理。そんなまめぶ汁のレシピを紹介します。

ぴったんこカンカンで、ホンジャマカ 石塚さんと安住アナが久慈を紹介した際にも、まめぶ汁に舌鼓を打ち、「まいう~~!!」

あまちゃん まめぶ汁 レシピ

「あまちゃん」の中でもおいしそうなまめぶ汁が何度も登場します♪

 

さて、そんなまめぶ汁のレシピを紹介しましょう。

まめぶ汁(まめぶじる)の作りかた

 

材料

小麦粉100匁、クルミ40匁、黒砂糖少々、ニンジン40匁、ゴボウ40匁、乾し椎茸5匁、かんぴょう4匁、焼き豆腐60匁、すまし、澱粉

1、かんぴょう、椎茸は水でもどす。
2、小麦粉をぬるま湯で捏ね、クルミと黒砂糖を加えてから親指の先ほどの大きさに丸める。これが「まめぶ」である。
3、ニンジン、ゴボウ、かんぴょう、椎茸を食べやすい大きさに刻み、出汁で煮る。
4、野菜が煮えたところで、まめぶと焼き豆腐、油揚げを加える。
5、 まめぶが煮えたら醤油かすましで味を整え、澱粉でとろみをつける。

(出典:Wikipedia)

 

じつはまめぶ汁は「あまちゃん」のロケ地、久慈では食べられていなかった!?

今やドラマの影響か全国的にまめぶ汁は認知されつつあるが、じつは久慈ではあまり食べられていなかったという。

現地の人の話では、まめぶ汁はもともと山形村に伝わっていた郷土料理。山形村は久慈市と合併して、山形村の名前は消えたという。

「まめぶ汁」は、B級ご当地グルメの祭典 B−1グランプリに挑戦今回、NKH連続ドラマの「あまちゃん」で久慈の郷土料理として紹介されたおかげで、久慈の人々にもまめぶ汁が広まって食べられるようになったという。

「あまちゃん」現地レポ。衝撃! 久慈のひとは「まめぶ」を知らなかった(エキサイトレビュー) – エキサイトニュース

スポンサードリンク

コメントを残す