マタニティハラスメント

マタニティハラスメントとは、働いている女性に、「妊娠や出産を理由とした退職強要やいやがらせ」をするということ。働く女性、共働き家庭が珍しくない時代になり、近年、マタニティハラスメント(マタハラ)が増えているという。

マタニティハラスメントセクシャルハラスメント、セクハラはもうすでに認知されていますが、マタハラはまだまだ認知度が低い。

しかし実際には、子供が生まれた後も仕事を望む女性に対し、解雇や契約社員の解約打ち切り、自主退職への誘導、残業強要などのいやがらせなどを受けた女性が3割に上っているという※1

これをうけて相談窓口を設けるなど、実態の把握と環境改善への動きが出始めている。

 

会社には会社の都合があるだろうし、長期的に休まれたり子育てで時間の融通がきかない社員などはやめてもらいたい。そういう事情もわからないではない。経営が順調でない会社なら死活問題ともなるかもしれない。しかし、男女雇用機会均等法は婚姻や妊娠、出産を理由とする解雇などを明確に禁じている。

経営者や上司、同僚などの法律の知識、理解度、配慮などがまだまだ欠如している現状で子どもを育てながら働く女性にはまだまだ現実は厳しい。

相談センターでは、マタニティハラスメントとの他、セクハラや雇用上の問題の相談に乗っているという。※2

 

※1 「マタニティ・ハラスメント(マタハラ)に関する意識調査」

※2 日本労働組合総連合会(相談窓口あり)

スポンサードリンク

コメントを残す