南極流調理術

おもいっきりイイ!テレビで紹介された南極流調理術は南極観測隊として活動していたシェフの西村氏のよる調理術で、マグロの解凍などいろいろな調理術が紹介されています。

おもいっきりイイ!テレビと南極流調理術

おもいっきりイイ!テレビで紹介された南極流調理術ですが、これは南極観測隊のシェフだった西村敦氏が魚や肉、野菜をおいしくする方法として紹介しているものでこの人が書いた著書もあり話題を呼んでいます。この西村氏が南極流調理術として紹介している中でまず、マグロの解凍法があります。これは、マグロの解凍にはスポーツドリンクを使うというものです。なんでもスポーツドリンクの成分がマグロの水分と近いため旨みを逃がすことなく解凍できるそうです。このマグロの南極流調理術は、お湯とスポーツドリンクの割合は3:1にします。次に40度のお湯にこの割合で混ぜます。そしてその中にマグロを3分間ほど漬け、ペーパータオルで水分をふき取り冷蔵庫に1時間ほど入れておくというもの。スポーツドリンクがない時には塩で代用もできるそうです。
白身の刺身をおいしくする南極流調理術

西村氏が紹介している中で白身の刺身をおいしくするという南極流調理術があります。どういうのかというと白身の刺身に昆布茶をかけるだけなんです。たったこれだけで高級料亭の味になるそうです。方法はペーパータオルの上に白身の刺身を置き、昆布茶をひとつまみほど振りかけ包んで冷蔵庫に1時間ほど入れておくだけなんです。これだけで簡単においしくなるというもので、どうしてこんな方法を思いついたのかというと南極ではゴミを出してはいけなく、初めは昆布〆を作っていたのが面倒臭くなりこの方法を思いついたようです。ただ、南極流調理術の方法では1晩ほど置いてしまうと昆布〆になってしまうので気をつけたほうがよいとのことです。

安い鶏肉でもおいしくなる南極流調理術

次に西村氏が紹介している南極流調理術は安い鶏肉でも扇風機と漬物石があれば高級地鶏のような味になるというもの。まずは、鶏肉の皮に切れ目を入れ肉に塩とこしょうで味をつけ、肉の水分を取ったあとサラダ油を少し塗ります。そして扇風機の風を30分ほどあて、漬物石で押さえてから焼くというものです。これだけで安い鶏肉がとてもおいしくなるのです。

野菜をおいしくする南極流調理術

最後にこれはすごいという南極流調理術は野菜をおいしくするというもの。なんとバケツを使って真空パックにしてしまうのです。まずはポリ袋に野菜を入れ水を入れたバケツに沈めます。そして中の空気を抜くのです。空気が抜けたところで密閉して冷蔵庫で保存するのです。この南極流調理術の方法でレタスだと1週間は持つそうです。袋を水に入れると真空パックになるのはびっくりですね。

スポンサードリンク

コメントを残す