パートタイマー 社会保険

パートタイマーって言葉よりパートって言ったほうがよくわかるかもしれません。パートタイマーっていうのは、会社で働く場合、社員として働く。という場合があります。これは1日8時間を基本とし、休みも会社で決められており、パートタイマーとは違い外、社会保険にも加入できる人です。

社員以外で働いている人をパートタイマー、もしくはアルバイトといいます。パートタイマーは社会保険には入れず、家庭などの事情があり、1日3時間から5時間など時間も短い人です。
ただ、中にはパートタイマーでも社会保険に入っている人もいます。もしくは、パートタイマーでも社会保険に入る事の出来る勤務環境の会社もあります。

そういう会社はごく一部でほとんどのパートタイマーは社会保険には入れず、主婦で、子供が小さく保育園や小学校に行っていてその間働いているというのが現状です。

パートタイマーの社会保険の加入条件

パートタイマーの社会保険はだいたいが夫の扶養となっており、夫の社会保険に入っています。ただ、いくらパートタイマーといっても年間の収入が130万円以上ある人は夫の扶養には入れず、自分で負担しなくてはならなくなります。なので、多くのパートタイマーは年間収入を130万円におさえ、夫の扶養となっている場合がほとんどです。そうすれば、住民税と所得税のみを支払えばいいのです。
でも、それも払いたくないというパートタイマーは年間収入を103万円におさえたり、もしくはもっと低くしたりしています。サラリーマンの主婦は103万もしくは130万に押さえ、夫の扶養になっているほうが、控除があり得なのです。扶養から外れてもいいのでもっと稼ぎたいパートタイマーは社会保険に入ることを勧めますが、やはり年収は150万以上ではないと損です。

パートタイマーでも社会保険が必要

1日8時間を基本とし社会保険にも自分で加入する場合と、パートタイマーで1日3時間から5時間など自分の都合の良い時間だけ働き、夫の扶養となり夫の社会保険に加入する場合と、年間収入150万円ほどで同じパートタイマーだけど自分で社会保険に加入の場合と、いろいろパターンがあります。

週の労働時間の合計時間が社員の3/4以上だとパートタイマーでも社会保険に加入できたりするので、自分はどれが一番良い働き方なのか、自分にあった働き方を選びたいものです。
ポイントとして、夫がサラリーマンの場合は妻がパートタイマーだと社会保険には扶養として入っていたほうが良いですが、夫が自営の場合は妻がパートタイマーでも社会保険に自分で入ったほうが良い場合もあります。

スポンサードリンク

コメントを残す