プラグ 印

プラグに印をつけておくとプラグ交換の場合の目印になります。実際にプラグに印をつける際のポイントや方法を解説しています。プラグという言葉の正式名称はスパークプラグ(点火プラ グ)です。スパークプラグは電気で火花を発生させ、自動車やバイクでエンジン内の燃料を燃焼させる働きがあります。そんなプラグに印をつけることがあるな んて、プラグという名前すら知らない人にはちんぷんかんぷんな話だと思います。車やバイクなど機械いじりの好きなマニアは「プラグに印つけてますよ」とう なずく人もいるはず。自分の乗っている車やバイクのメンテナンスに興味のある人はプラグに印をつけてプラグ交換にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

なぜプラグに印をつけるの?

まずプラグ交換にはドライバーなどの一般 的な工具の他に「プラグレンチ」など専用工具が必要な場合があります。プラグは手が届きづらかったり、目に見えないところにある場合もあるのです。そこで プラグに印をつける必要が出てくるのです。まずプラグ交換にチャレンジしてみたくなったら、自分の車のどこにプラグがあるか確認して工具の手配をしましょ う。そしてプラグレンチかプラグに印つけをマジックなどでします。実は火花の発生する方向で燃料の燃焼効率が違うため、エンジンパワーに差が出る・・・と いう説があるためなのです。プラグレンチにプラグをセットしてしまうとプラグの向きがわかりづらくなります。そこでプラグレンチやプラグに印をつけてプラ グの方向をわかりやすくしておくと、目に見えない場所にプラグがセットされる場合もプラグの向きがわかりやすいということなのです。

スポンサードリンク

コメントを残す