プロポリスの副作用

プロポリスは、 人によっては、プロポリスの副作用も気になるところですが、最近では、接触性皮膚炎を引き起こす副作用が報告されているそうです。 アレルギー体質の人は、特に気をつけましょう。

ミツバチの唾液と樹木の樹脂、草花の芽などから集めたエキスを混ぜて作ります。そのため、様々な成分からできています。ミネラル、濃縮フラボノイド、アミノ酸、ビタミン、酵素などです。このような栄養素は、傷に塗る薬として用いられ、効果があります。 最近ではそのほかにも、老化防止に効果が期待されています。

プロポリスには、抗酸化作用があります。肌の老化は年齢だけではなく、原因の多くが活性酸素といわれています。紫外線を長時間浴びると 活性酸素を生み出し、ダメージを与え、しみやしわの原因になったり、免疫力が低下したり、ベトベトの血液になったりします。これらを防ぐために、抗酸化作用のあるプロポリスを取り入れるとよいでしょう。また、プロポリスの品質にはランクがあるので気をつけましょう。やはり、ブラジル産のプロポリスが、高品質といえるでしょう。

栄養補助食品「プロポリス・キング・ゴールド」

プロポリスは、風邪・喘息・鼻炎・通風・成人病・気管支系が気になる方にお薦めです。ブラジル産のプロポリスが原料で、ローヤルゼリー粉末とポーレンロードを配合している「プロポリス・キング・ゴールド」。栄養補助食品で、飲みやすい粒状です。

プロポリスの使い方と副作用

プロポリスは、健康食品として多く知られていますが、それだけではない使い方があります。例えば、歯ブラシにプロポリスをたらして歯を磨けば、歯の消毒ができたり、タバコのヤニもとれます。また、虫歯や口臭予防にききます。そのほか、プロポリスの麻酔作用で、火傷や切り傷などの外傷に塗ると痛みがとれたり、プロポリスを鼻の粘膜に塗ると、花粉症にもききます。 このように、いろいろな効果を期待できるプロポリスですが、やはり人によっては、副作用もあるようです。どのような副作用かというと、下痢や皮膚が赤くなったり、アレルギーを起こしたりなどです。アレルギー体質の人は、プロポリスの使用は避けた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す