raid5 修復

Raid5のサーバーは耐障害性が優れているそうですが、どの程度の障害までデータが修復できるのか、またRaid5のサーバーが故障した場合、どういう対処をすれば良いのか、そして、サーバーの修復は社内で出来るのかが知りたいと思って、Raid5のサーバーの修復について調べてみました。

Raid5とは?

耐障害性の向上・高速化・大容量化を実現できるRaid技術で分散データ・ガーディングとも呼ばれているそうです。
Raid5のサーバーは、3台以上のHDDを使って、HDD1台分の容量を信頼性向上のために使う仕組みだから、HDDが1台故障してもデータ修復が可能です。また、データの読み出し速度は速いけど、書き込み速度が遅いので、運用面を考えるならRaidボードの利用を考えた方が良いそうです。

Raid5のサーバーが故障したら?

Raid5のサーバーの1台のHDDが故障しても、サーバーは稼働を続けるけど、もう1台が壊れたら大事なデータをなくしてしまいデータの修復はほぼ不可能になるようです。
そのため、HDDの1台が故障した状態での運用は避けて新しいHDDに交換する必要があります。

Raid5のサーバーの修復は、まずサーバーの電源をOFFにして、代替用の新しいHDDを接続して再起動します。次に、新しいHDDをダイナミック ディスクに変換するそうです、そして故障した方のHDDを削除して、次に故障していないHDDを追加をする。以上の作業が終わったら電源を切り、壊れたHDDを取り外す手順でサーバーは修復できます。

Raid5搭載のサーバーのHDDをホットスワップ対応にすれば1台のHDDが故障しても稼働したままHDDを交換できることから故障への迅速な対応と修復が可能になるそうです。もしもの時の復旧サービス会社の確保も大事ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す