臨床心理士 通信大学

臨床心理士の資格を通信大学で

臨床心理士という資格をご存知ですか。臨床心理士は医療・ 福祉・教育その他の機関で活躍するカウンセラー等が有している場合が多い資格です。資格試験を受験、合格しなければいけません。臨床心理士の受験資格を通 信大学で得る人が増えています。臨床心理士の受験資格は心理学を専攻する指定された大学院修士課程を修了し(第1種指定大学院の場合)、あるいは修了後1 年以上の心理臨床経験を有する者(第2種指定大学院の場合)となっています。 最近通信大学カリキュラムの中で第一種・第二種指定大学院に認定されているところが増えてきました。臨床心理士の受験資格を通信大学で得ることが出来るよ うになったのです!

臨床心理士試験資格を通信大学で得るメリット

臨床心理士の試験資格を通信大学で得るためには、指定大学院に入学をしなければいけません。同じ通信大学でも必ず指定大学院のカリキュラムを選んでくださ い。第一種指定大学院の場合、卒業後すぐに臨床心理士の試験資格を得ることができます。第二種指定大学院の場合、臨床心理士試験資格を得るため通信大学を 卒業後に一年間の実務経験を積まなければなりません。大学卒業後いったん就職してしまった場合、大学院へ通うために仕事を辞めたり休職することはなかなか 困難で実現が難しいのが実情です。臨床心理士試験資格を通信大学で取得できるようになり、仕事を続けながらの学習が広く可能になりました。より多くの人が 臨床心理士受験資格を得やすくなったのです。

スポンサードリンク

コメントを残す