英文履歴書の作り方

外資系企業への転職・就職を希望する時に、英文履歴書が必要になります。日本で事業を展開している企業なら、そんなに英語を使わない部署もあるの に、どうして英文履歴書が必要になるのでしょうか?人事が英語しか話せないからですか?いいえ、そうではありません。外資系企業は、日本だけでなく、世界 各地で事業を行っている場合があります。また、本国は別にあります。そのような場合に、それぞれの国の言葉で社内文書を作成するならどうでしょうか?非常 に仕事がやりにくい、つまり事業に大きな支障をきたします。それで、外資系企業では、社内文書を英語で残すことが決まりとなっています。履歴書は、直接業 務には関係のない書類ですが、やはりその決まりにのっとり、英語で作成する必要があるのです。では、具体的に英文履歴書の作り方を見てみましょう。

英文履歴書の作り方

基本的な英文履歴書の作り方を説明しましょう。英文履歴書の作り方と言っても、基本を押さえれば大丈夫です。まず、1ページ目の最上部に書くのは自 分の個人情報、つまり住所や名前、電話番号などです。次に、希望職種を書きます。ここでは、どの職種を希望しているかを伝えることが目的ですので、簡潔に 希望する職種だけを書けばよいでしょう。ただ、企業が募集している職種を書くことが必要です。次に、自分のスキルや経歴をアピールします。相手の心をつか むような書き方をすることが必要です。さて、ここからが本題です。自分の職歴を書くのですが、順番としては最近のものから順に時間をさかのぼるように職歴 を書きます。具体的に、自分のキャリアをアピールします。また、英文履歴書では、I、YOUなどの人称代名詞は使わないのが暗黙の決まりになっているの で、注意が必要です。次に学歴ですが、これも最近のものから古いものへさかのぼって書いていきます。最後に、何か特別なスキルがあれば書くことができま す。さて、英文履歴書の作り方を簡単に説明しましたが、基本を押さえると同時に、見た目に美しい履歴書を作ることが必要です。レイアウトにも注意しましょ う。さぁ、あなたも英文履歴書の作り方をしっかりマスターして、外資系企業へ挑んでください!

スポンサードリンク

コメントを残す