ロール網戸 修理

ロール網戸のネットが破けたり汚れたりしたので交換したいとか、不具合が発生した時は、自分での修理は出来ません、自分で網戸の分解や修理をしないで、販売店や取り付けてくれた業者に修理を依頼してください、基本的にロール網戸は工場預かりでの修理となります。

横引きロール網戸の修理はどうする?

まず、巻き込み部の下のダイヤルカバーを開いて引き抜きます、次に、ケースカバーを軽く押して開きます。
そして、ダイヤルカバーの中にあるダイヤルを時計回りに回すとネット巻取りスピードが速くなります。
ダイヤルが重くなったら、ダイヤルの上にあるマイナスねじをマイナスドライバーで回します。

注意点として
1)ネットを引き出すときは、必ず引き手を持って引き出すこと
2)ネットを収納する時は、自動的に巻き取れるようにする、無理に押し込むとネットが折れます。
3)ネットが最後まで巻き取られなかった場合は、2~3回開閉すると上手く納まります。
4)レール上面に付着した汚れは柔らかい布で水拭きして、レールの溝にたまった砂やホコリは掃除機等で吸い取ります。
5)ケースカバーを開くとネット室外側の掃除が出来ます。

上げ下げロール網戸の修理はどうする?

まず、網戸を窓の中央に移動させる、次に網戸を左側に押し付けて右側から室内側に引く。
注意点として、1)網戸は窓を開けた状態で使用すること、窓を閉じた状態で網戸を閉じようとするとハンドルに当たります。
ロール網戸は汚れにくいし、窓から見える視界も開けて良いですが、スライド式に比べると調整や修理に注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す