サザエさん 都市伝説

ベストセラー漫画の「サザエさん」の都市伝説とは?

「サザエさん一家」にまつわる都市伝説がまことしやかに囁かれていま す。1つはカツオがある日商店街の福引でハワイ旅行を当て、家族全員でハワイ旅行に出かけ たのですが、サザエさん一家を乗せた飛行機は墜落し、全員海に投げ出され、サザエは貝のさ ざえに、カツオは魚の鰹に、というふうに、家族それぞれの名前と同じ海の生き物になって、 海に帰っていったというもの。2つめはサザエさん一家がほのぼのとした幸せな家族生活を送 っていたのは、テレビで放映されてた時期だけで、そのあとカツオは非行に走って少年院入り、 ワカメはハワイで売春、フグは不倫を繰り返し、波平は心筋梗塞で死亡。交通事故でタラちゃ んを亡くしたマスオはノイローゼになり、そういった一家の状況に耐えられなくなったサザエ はキッチンドリンカーになったというもの。 その他にもサザエさんにまつわる都市伝説はあるようですが、いすれも現実離れし過ぎたスト ーリーになってます。ほのぼのとした平和で幸せな世界を描いたストーリーである漫画である が故に「実は・・」というような奇妙で不幸な都市伝説の噂が広がるのかもしれません。

サザエさんが愛される理由

現在も毎週テレビで放映されていますが、サ ザエさんが数多くの視聴者から愛される理由として、「古き良き時代のほのぼの家族」というのが挙げられます。サザエさん一家の家族構成はまずサザエさんが 居てその両親の波平とフネ、波平とフネの間に生まれたのが主人公のサザエとカツオ、ワカメ、サザエさんの旦那さんがマスオ、サザエとマスオの間に生まれた 子供がタ ラちゃんと少し複雑なのですが、そこにサザエの従兄弟の波野ノリスケさん一家なども登場し、日常のハプニングなどをほのぼのと、またおもしろおかしく描い ています。 必ず家族全員の団欒の時間がありそこで交わされる会話なども、「昔の良き時代」を思い浮かべさせるということで、その時代を知らない人でもどこか懐かしさ を感じるところが一つの魅力ではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す