脂肪肝 食事療法

脂肪肝とは肝臓がフォアグラ状態になる病気です。医者から食事療法などの指導を受けたときはまじめに取組み一刻も早く改善しなければなりません。脂肪肝から肝硬変や肝癌になりたくないなら、食事療法の段階に一生懸命に治すことが大切です。

脂肪肝ってなに?

脂肪肝にはアルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝があります。
怖いのは目立った自覚症状がないことです。肝臓は強い臓器ですので症状が出る頃には非常に悪くなっていますので定期的な検査が欠かせません。

脂肪肝になる主な原因は、肥満とアルコールの飲みすぎです、肥満度が20%以上になると脂肪肝の人が増加するそうです。加えて、アルコールの飲みすぎで脂肪肝になった場合は肝硬変に進みやすいそうです。アルコールの制限や肥満になりやすい食事を避けるなどの食事療法で中性脂肪を減らせば脂肪肝にはならないのですね。

脂肪肝を改善する食事療法とは?

1)食事で摂取するエネルギーを減らして、運動で放出するエネルギーを増やすこと。
2)糖質とアルコールを極力制限する
3)卵や豆腐や白身魚などの良質なたんぱく質をたくさん食べる
4)ビタミン類を各種十分に摂取する

肝臓を一度悪くしたら治るまでに長い時間が必要で。、治るまで、食事制限や運動制限は必要です。脂肪肝になって食事療法をしない為には日頃からの粗食と運動を心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す