診療情報管理士 通信教育

診療情報管理士とは?

そもそも、皆さんは診療情報管理士という仕事を知っていますか?  診療情報管理士とは、カルテと検査記録などをファイルした診療記録を患者ごとに管理するとともに、その医療情報を医療の現場(医者や看護士)に提供する人 のことをいいます。診療情報管理士が管理する医療情報は、治療のためや医学の研究データとして非常に重要です。診療情報管理士なるためには、資格が必要に なります。診療情報管理士は病名についての分類や、医学に関する様々な知識が必要なため、通信教育も行なわれています。しかし、医師と同じようなレベルの 知識が必要となる診療情報管理士を、通信教育で取得するには、少し時間がかかると覚悟しておいた方がいいでしょう。

診療情報管理士の通信教育

短期間で資格取得を目指している人には、診 療情報管理士の通信教育は不向きといえるでしょう。診療情報管理士の通信教育で資格を取得するには、最低でも2年はかかります。診療情報管理士の通信教育 の費用については、1年で10万前後といったところで、資格取得が早ければ早いほど、費用は安く済みます。医師と同じようなレベルの知識が必要となる診療 情報管理士は、通信教育での勉強中もスクーリングとレポートを仕上げるのに多くの時間がかかるものと思われます。診療情報管理士の通信教育にも、進級試験 や卒業試験があります。また、診療情報管理士の通信教育を受けただけでは、診療情報管理士を受験することは出来ません。診療情報管理士を受験するには、通 信教育以外に「2週間(80時間)の実習」が必要条件になります。

スポンサードリンク

コメントを残す