台風シーズン

台風シーズンの情報源は

台風のシーズンは秋というイメージが強いですが、台風は1月から12月まで発生したことがあり、実は一年中いつでも日本に上陸する可能性があるので す。一年中発生している台風ですが、夏から秋に掛けての発生数が多く、日本の周りにある気圧配置の影響で秋に多く日本に近づくため秋が台風のシーズンとし て定着しているのです。近年は異常気象が多く発生しているため、本来の台風シーズンをはずした時季に大きな被害を出す台風が日本に近づいていることも珍し くありません。又台風の大きな被害を受ける地域は沖縄をはじめとする日本の南側、というイメージが崩れつつあるのも事実です。これからは台風はシーズンを 問わずに日本のどこへでも大きな被害を出す可能性があるのだと肝に銘じて注意をすべきなのだと思います。台風の被害を最小限にするためには正しい台風の情 報を手に入れることが肝心です。気象庁のホームページに掲載されている台風情報や国立情報学研究所が提供しているデジタル台風などで台風の情報や知識を手 に入れるようにしてみるのも良いでしょう。

台風の被害を最小限にするために

台風のシーズンにつきものの台風情報。皆さんは台風情報をちゃんとチェックしていますか?年間平均18個前後発生する台風。台風シーズンに最低数個 は日本付近に近づいたり日本に上陸します。台風の上陸回数が多い沖縄の人々に台風シーズンの対策についてアンケートをとると、「懐中電灯や携帯ラジオの準 備」「電池を購入しておく」「食べ物を多めに確保しておく」「物を固定したり、家の中にしまう」などの対策をとるようです。異常気象が多い昨今、以前にく らべ台風の被害は大きくなりつつあります。シーズンを外れた時期の大型台風や、以前に比べ動きが大変遅くて予想以上の暴風雨被害を出す台風などです。いま まで日本では本土の台風被害は少ないというイメージが強く、ちゃんとした台風準備や対策をとっている人は少ないのが実態のようです。これからは沖縄などの 対策を見本にして台風シーズンを乗り切るように工夫してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す