宅建 試験日

宅地建物取引主任者資格試験とは?

宅地建物取引業を営業している事務所では従業員5人に対して1人以上の宅建の資格を所持する人が必要です。受験者は毎年20万人程度で合格率は16%前後となっています。

試験はマークシート4択方式で合格ラインは50問中60%正解程度です。勉強時間は150時間~300時間ですから、宅建の試験日まで3ヶ月として毎日3時間くらい勉強出来る人なら合格も可能です。

宅建合格の勉強法は?

まず、問題集の選び方が大切です、分厚い問題集は避けて、過去数年の出題傾向を絞ってまとめてある問題集が良いでしょう。そして、問題集には解説が詳しいものを選ぶこと、どうせ、試験日が近づかないと本気モードにならないですから、ポイントを絞ってまず合格ラインの60%部分を確実なものにして、宅建の試験日までに日数の余裕が出た時に残りの40%部分の勉強をすれば良いでしょう。

宅建の人気度、必要度は?
景気のバロメーターとも言われる宅建は、1990年代のバブル時期には34万人を超える人が受験したという超人気の資格でしたが、最近は資格を取得する人が以前ほど多くなありません。

スポンサードリンク

コメントを残す