鉄道の日

鉄道は、私たちの身近にある交通手段です。毎日通勤・通学に利用されている方も多いことでしょう。ところで、鉄道の日をご存知でしょうか。日本初の 鉄道は、1872年10月14日に新橋-横浜間で開通しました。1921年10月14日に鉄道開業50周年を記念して鉄道博物館が開館したことを記念し、 翌年10月14日から「鉄道記念日」となりました。14年ほど前からは「鉄道の日」と呼ばれています。日本の鉄道の歴史は130年にもなるんですね。いつ も使っていても、あんまり気に留めることはないかもしれません。鉄道の日には鉄道会社などでイベントも行われますから、イベントに足を運んで、いつも利用 している鉄道の歴史に思いを馳せるのも良いかもしれません。

鉄道の日の記念きっぷ

鉄道の日を記念して毎年鉄道の日をはさんで2~3週間の期間、「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」が発売されます。これは、おなじみの青春 18きっぷの秋版のようなきっぷで、基本的な使い方は同じ。ただ、料金が3回で9180円と、5回で11500円の青春18きっぷに比べて少し割高になり ます。また、こどもとおとなの区別があり、こどものきっぷは4590円と半額になります。2008年分は10月3~19日の間発売され、10月4日から 10月19日まで使用できました。残念ながら、今からだと2008年分には間に合いませんが、毎年9月下旬ごろに発売・利用期間が発表されるので、注意し て確認してくださいね。
JR全線乗り放題きっぷ以外にも、JR西日本が発売する「鉄道の日記念・西日本一日乗り放題きっぷ」があります。これは、 JR全線乗り放題きっぷと発売・利用期間は同じですが、1枚3000円で1回のみ利用できること、こども用の設定がないことが大きな違いになっています。 また、JR西日本エリア内でしか使用できないので、注意が必要です。西日本に住んでいて、近くに出かけたいときは、このきっぷが良いかもしれませんね。
いずれにしても、鉄道の歴史に思いを馳せつつ、秋空の下鉄道の日記念きっぷで鉄道の旅を楽しむのもよいものです。きっとゆったりとした時の流れの中で、いつもと違う町の一面を見つけられるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す