ちょうちん イラスト

夏が近づくとあっちこっちの町内会で盆踊りの練習がはじまりますね、公民館広場には「やぐら」が組まれてちょうちんが下げられて、賑やかになります。

昔は「○日市」とかいって夜店が道端や神社に出ていたでしょう、電球の入ったちょうちんをあっちこっちに下げて、面白いデザインやイラスト(挿絵)のちょうちんがあると、気になってその店を覗きにいったものです。 お盆に帰省すると仏壇にちょうちんがあるでしょう、あの独特のデザインやイラスト(挿絵)を見ると、・お盆・田舎・親戚・坊主・スイカ・カキ氷・海水浴と走馬灯のように懐かしい思い出が蘇ってきます、そんな経験ないですか。

最近では既製品のちょうちんではなくて、自分だけのデザインやイラスト(挿絵)を使ったちょうちんを作ってもらう人がいるそうですねー。気になって調べてみました。

ちょうちんの種類は?

丸い形の丸型・イチゴみたいな夏目・長方形と丸型を合体させたような形の長型・長方形の切長・長方形で上下に縁が付いている箱ちょうちん・取っ手が付いた手持ちがあるそうですね。呼び方やデザインやイラストも各地方で違いや特色があるみたいですね、ちょうちんのイラスト(挿絵)だけに着目して、趣味として収集するのも良いですねー、またお祝いの引き出物をちょうちんにしてオリジナルのイラスト(挿絵)を入れたりするのも面白いかもしれないですね。

オリジナルちょうちんを作るには?

まず、特注のちょうちんを作ってくれるちょうちん屋さんを探します、インターネットで「ちょうちん」で検索すれば探せます。 注文の流れは、用途と個数と形とデザインや入れたいイラスト(挿絵)、そして予算を提示します。ちょうちん制作の予算とデザインやイラスト(挿絵)が納得できたら注文して出来上がりを待ちます。納期などを細かく確認したほうが良いですね、せっかくのイベントが台無しになりますから。

スポンサードリンク

コメントを残す