腕組みダイエット

オグラ式腕組みダイエットとは

腕組みダイエットは小倉義人さん提唱のダイエット法で、オグラ式ボディコントロールとも言われます。ストレッチを応用した簡単な運動で筋肉バランス を整えてボディラインを良くするのが目的です。腕組みダイエットが他のダイエットと大きく違うのは体重を減らす効果ではなくボディラインを整える効果が大 きいこと。体重はボディラインを整えた後に自然についてくるという理論です。女優の藤田弓子さんの場合は1年以上掛けて10キロ以上のダイエットに成功し ていますが、特筆すべきは体脂肪が落ちているところ。そして簡単なストレッチのみで、食事制限が一切ないところが大きな特色です。先日思いっきりテレビで も取り上げられ、この効果と簡単なやり方で大きな反響がありました。

腕組みダイエットのやり方は?

先日の思いっきりテレビには実際に小倉義人さんが出演して腕組みダイエットの方法を出演者の皆さんと実演していました。運動はたったの70秒で終 了!という簡単なものです。1.つま先とかかとをくっつけた状態で立ちます。あごと目線をやや上に向けた後あごを引き、目線をまっすぐ正面にむけます。肩 をぶらぶらさせてリラックスさせた後、後ろでに腕を組み、その逆向きに腕を後ろでに組み変える。これが腕組みダイエットの基本姿勢です。慣れない姿勢のた め体が安定しづらくなりますから、へそ下の腹筋に力を入れて姿勢を保つように意識します。2.おへそを中心にするつもりで左右に身体を倒す。このときわき 腹の筋肉を意識して左右10秒ずつ。次に前かがみに10秒。このときは顔は倒さずに前を見たまま。おへそを筋肉でくるむイメージで。次に上半身を左右に 10秒ずつひねる。左右のかかとを半歩ずつ前に10秒ずつ出す。このときかかとは床につけ重心は後ろ足。これで70秒の腕組みダイエットは終了です。

たった70秒の腕組みダイエットで効果はあるの?

ここまで読んだだけでは半信半疑の人も多いと思います。では実際に腕組みダイエットを一度やってみてください。日頃運動不足気味の人は思ったよりき つさを感じるかもしれません。文章で読むと単純に見える腕組みダイエットのやり方ですが、普段動かすことの少ない腹部の奥にある筋肉を効率よく動かすた め、運動の前後でウエストサイズが変化する人がいる位の効果があるのです。手軽で道具もいらない腕組みダイエット、一度チャレンジしてみる価値がありそう です。

スポンサードリンク

コメントを残す