やくざ 収入源

やくざはどのようにして収入を得ているのでしょうか?
やくざ(暴力団)というと、非合法なことをしているイメージがありますが、そんなことばかりしていたのではすぐにつかまってしまいますし、国民として生活していくことは不可能なのではないでしょうか?そこで、やくざの収入源について調べてみました。

やくざ 収入源

やくざの中でも、ベンツに乗ってぜいたくな生活をしている・・・という一般的なイメージのやくざは組織の中でも相当上の方です。そういう方々は、いわゆる上納金、手下の働きで生活しているわけですから、自らがあくせく働くわけではありません。部下が優秀な社長や会長といったイメージでしょうか。

大多数のやくざは、ビジネスをして収入を得ています。やくざの収入源は意外にも合法的なビジネスがメインとなっているようです。

職業としては、土建屋さん・不動産業・自動車販売業・金融業・風俗ビジネス運営(クラブ、風俗など)・派遣業など多岐にわたっています。こうして得たシノギで生活し、上納金を上のクラスのやくざに渡す仕組みのようです。

その他、合法的か非合法か境目の難しい仕事もあるようです。
紳士録販売、業界紙の発行、出会い系サイト運営、みかじめ料、相談料、斡旋料、債権回収業、ゆすり、ブランド品転売、各種手数料収入・・・など多岐にわたります。

金の匂いがするところには、やくざがビジネスとして入り込んでくる、ということです。

恐喝したり、たかったり、ということは少なくなっているようですが、一部には、ゆすりたかり、詐欺、覚醒剤などの犯罪で収入を得ているやくざ(暴力団)もいて、時々ニュースになっていますね。こうした犯罪をしのぎにする場合にはリスクがあるので、地方の小さなやくざなどはあえてそういうことに手を出さない傾向にあるようです。

なら、やくざじゃなくてビジネスマンちゃうんかい?と疑問が生じますが、答えはよくわかりません。やくざって不思議ですね。。。

スポンサードリンク

コメントを残す