タウン情報誌 横浜

タウン情報誌のアーバンは、横浜エリアを中心とした、街と店と人をダイレクトに結ぶフリーペーパーです。横浜エリアの人と街を結ぶ、タウン情報誌 URBAN(アーバン)は、横浜の地域に根ざした情報誌です。タウン情報誌のアーバンの概要を紹介します。場所は、神奈川県横浜市西区です、営業時間は午 前9時~午後10時です。定休日は日曜日です。タウン情報誌のアーバンへの、アクセスは横浜駅の西口から徒歩10分程だそうです。タウン情報誌のアーバン は、横浜エリアの人たちの、求める情報と伝えたい情報をマッチさせることで、どちらにもメリットがあるような、コミュニケーションツールとしての役割を目 指しているようです。タウン情報誌のアーバンは、主に横浜の街の女性マーケットと地元マーケットを中心にして、販売促進やコマーシャルや商店街の活性化の サポートをしているようです。発行部数の公開が、適正な広告料金と広告効果を決めるとの考えから。日本ABC協会に加盟して厳正な発行部数の監査を受けて いるそうです。

タウン情報誌の横浜アーバン(URBAN)はとは

タウン情報誌のアーバン(URBAN)は、「信頼」を第一に、横浜エリアで営業をしているようです。タウン情報誌のアーバン(URBAN)は、読売 新聞と朝日新聞の朝刊に折り込まれます。新聞に各版が月に1回折り込まれることから、読売新聞と朝日新聞の購読者は、タウン情報誌のアーバン (URBAN)を読むことが出来ます。但し、横浜エリアと東京の1部エリアの人に限られますが。タウン情報誌なので、横浜エリアの情報が載っています。例 えば、横浜の街のイベントや評判のグルメ、他にもレージャーやファッション等です。また、地域出身の有名人やスポーツ球団等も取り上げられています。タウ ン情報誌のアーバン(URBAN)は、横浜の街の地域密着型の情報を発信しているようです。タウン情報誌のアーバン(URBAN)の、配布エリアは①横 浜・川崎版、(第1木曜日発行)、②田園・ニュータウン版、(第2・4木曜日発行)、③東京南版、(第2木曜日発行)、④横浜南版、(第3木曜日発行)、 ⑤横浜中央版、(第4木曜日発行)、⑥東京山手版、(第4木曜日発行)の6エリアに分かれています。

スポンサードリンク

コメントを残す